人物

喜早駿介(東海大)の中学・高校や経歴は?彼女や家族構成についても!

こんにちは、ゆきりんです!

 

東海大学へ進学した新人ルーキー『喜早駿介』選手が大注目されています!

全日本大学駅伝でどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

そこで気になる事といえば、『喜早駿介の出身中学・高校や経歴は?』『現在、彼女はいるのか?』『家族構成は?』という事ではないでしょうか?

喜早駿介選手は一体どんな人物なんでしょうか。

 

そこで今回は以下の事についてまとめてみました!

喜早駿介選手の出身中学・高校や経歴は?

喜早駿介には彼女はいるのか?

喜早駿介選手の家族構成について

石原翔太郎(東海大)の父・母親や兄弟や彼女は?経歴や評判まとめ!こんにちは、ゆきりんです! 新戦力になる選手がたくさん出てきます。 その中で今、注目されている東海大学の石原翔太郎選...

喜早駿介(東海大)の中学・高校や経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

喜早駿介 宮城・仙台育英高校 ・ 東海大学進学 ・ 2017年全国高校駅伝7区3位 2018年全国高校駅伝4区4位 2019年都道府県駅伝5区7位 全国高校駅伝1区6位 2020年都道府県駅伝5区6位 ・ 憧れの大迫選手を過去に指導した両角監督の元で走るために東海大学へ進学。3大駅伝出場を目指す。お父さんが仙台育英陸上部卒業、お兄さんは順天堂陸上部、まさに陸上一家! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー #喜早駿介 選手#東海大学 #東海大学駅伝部 #仙台育英 #仙台育英陸上部 #全国高校駅伝 #都道府県駅伝 #浮気投稿

@ like_sporterがシェアした投稿 –

出身校や経歴についてまとめてみました。

【プロフィール】

名前:喜早 駿介 (きそう しゅんすけ)

出身地:宮城県仙台市

血液型:A型

身長/体重:163cm/48kg

趣味:アニメやドラマ、映画鑑賞

座右の銘:成功の道に失敗はつきもの

自己ベスト5000m 14分17秒87

憧れの人:日本記録保持者の大迫傑選手

学部:体育学部競技スポーツ学科1年次

好きな食べ物:カレーライス

嫌いな食べ物:トマト味自体が苦手らしい!笑

やはり目標は高く持っている喜早駿介選手。

喜早駿介選手の目標でもあり、憧れの選手は日本記録保持者の大迫傑選手です。

大迫傑選手のストイックな所と、ポジティブ思考、何があっても挫けない所が好きみたいです!

喜早駿介選手も自信にストイックな方だと思います。

 

自身のアピールポイントでは、キツくなってきた時の粘りと、キツい中でのラストスパートができる事のようです。

絶対負けないと芯がある選手だからこそ、エースとして大注目されているんですね・・・納得です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

✎ 喜早駿介 選手(仙台育英) ・ ・ #陸上 #高校陸上 #駅伝 #全国高校駅伝 #都大路 #仙台育英 #喜早駿介 #陸上観戦 #観戦記録 #カメラ #

(@tr__24yy)がシェアした投稿 –

出身中学は、仙台市立高砂中学校卒業。

出身高校は、仙台育英高校卒業。

現在は、東海大学に在学中。

中学1年生の時に1500mの新人戦で入賞したのがきっかけで、本格的に中学校2年生の時に陸上を始めました。

その前は、リトルリーグで野球をしていたようです。

【仙台育英高校時代の記録】

1500m:3分53秒80

3000m:8分08秒46

5000m:14分17秒87

10000m:28分52秒18

2019年、宮城県高校総体 5000m 14分37秒02  優勝

2019年、東北地区高校総体 5000m 14分29秒27 優勝

2019年、沖縄インターハイ 5000m 14分38秒49 11位

2019年、日体大記録会 10000m 28分52秒13  高校歴代12位

高校3年生の全国高校駅伝では優勝をしています。

仙台育英高校の陸上部の成績はいつも優勝や上位になります。

強豪校で鍛えられた精神力と体力でこれからも活躍してほしいです。

 

喜早駿介選手の、東海大学へ入学した理由も気になりますよね。

その理由は、施設や環境の良さで決めたのが一番で、他の理由では、陸上部の監督の『両角速(もろずみ はやし)監督』に教わりたいと思ったからのようです。

両角速監督は、佐久長聖高校の陸上部の監督で、喜早駿介選手が憧れている『大迫傑選手』を指導されていた方なんです!

どうして両角速監督を選んだのか納得しました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

総合優勝 往路2位の東海大学が復路8区で逆転。区間新を出す快走でトップに躍り出てからは1位を守り続け大会新記録で初めての総合優勝を果たしました。 スピードのあるチームと前評判も高かったものの正直昨日の朝は優勝するとは考えてませんでした(ごめんなさい)。 何より悔しいのは東洋大学。2年連続で総合優勝を逃したのですから。11年連続3位以内という記録をたたえられても喜びはないでしょう。 そしてそして、連覇の夢がついえた青山学院ですが復路は脅威の追い上げを見せ、総合2位でフィニッシュ!復路優勝を手にしました。さすが。 お正月の楽しみが終わり次は大相撲初場所へ向け気持ちを切り替えていく所存です。 #箱根駅伝 #東海大学 #総合優勝 #両角速監督 #胴上げ のため?ダイエットのかいがありましたね

Tomoko(@tomomaru6340)がシェアした投稿 –

陸上をやっていく中で、喜早駿介選手が一番大切に思っている事は『団結力』のようです。

目標に対してチームで取り組むのが大事ですよね。

駅伝は1人ずつ走ってタスキを繋ぎますが、1人1人の気持ちが一致しなければ、結果には繋がらない競技だと思います。

高校3年全国高校駅伝で優勝できた事は、チーム1人1人の優勝すると言う気持ちが一致した結果だと思います。

そして、部活以外でチャレンジしてみたい事があり『体育教員免許の取得』のようです。

母校の体育教員になってみたいとか!

今までの経験を教えていきたいと言う思いは素敵ですよね。

大人気イケメンの優しい先生になりそう・・・

 

これからの目標、

三大駅伝三冠をとる事。

世界で戦えるような力をつけ、世界で通用する選手になり2024年、2028年のオリンピックで活躍する。

あの優しい雰囲気から凄いエネルギーとストイックな一面を持った喜早駿介選手!

これから始まる駅伝で頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

彼女や家族構成についても!

彼女や家族構成について調べてみました。

父親、母親、兄、喜早駿介選手の4人家族です。

父親と兄は陸上をやっていて、その影響で陸上を始められたようです。

喜早駿介選手の父親(貴大さん)は仙台育英OBで国体で入賞する陸上選手で、都大路を走りました。

とてもダンディな雰囲気があるお父様です!

家族が応援してくれると心強いですよね!

 

兄(喜早太一)さんは、順天堂大に進学し陸上部マネージャーをつとめています。

陸上一家ですね!!

陸上についてや進路など相談できる環境は大事ですよね。

メンタルケア、体調管理、食事の管理など細かなアドバイスしてくれる環境に感謝ですね。

父、兄は経験者なので言葉一つ一つに重みがあると思います。

母親は、食事管理のサポートを徹底されている所が素晴らしいです。

スポーツ 選手を支える母親は強いですね!笑

喜早駿介選手は爽やかイケメン。

狙ってる女子はたくさんいるはずです。

現在、付き合っている彼女はいるのでしょうか・・・

ツイッター、インスタを調べてみましたが、現時点での彼女についての詳しい情報はありませんでした。

情報が入り次第追記していきますね!

 

運動神経良くて、優しくて、爽やかイケメンを放っておきませんよね!笑

今は駅伝の練習に集中する時期ですし、恋愛に時間を取れないのではないかと思います。

駅伝も落ち着いた時期に、もしかして恋愛情報が入ってくるかも知れませんね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は以下の事についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

喜早駿介選手の出身中学・高校や経歴は?

喜早駿介には彼女はいるのか?

喜早駿介選手の家族構成について

 

喜早駿介選手の意外な一面を知ることができたのではないでしょうか!

陸上一家で超〜環境が整っていて練習に集中できるので、これからの駅伝での活躍が楽しみです。

また、新しい情報が入り次第追記していきますのでお楽しみに〜

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。