人物

Aマッソ加納愛子の出身中学・高校・大学や経歴は?家族構成や彼氏も!

こんにちは、ゆきりんです!

 

黒髪ショートで可愛いと言われていますが、ネタをやっている姿は男前と話題のAマッソ加納愛子さん。

そこで気になる事といえば、『Aマッソ加納愛子さんの出身校や経歴は?』『現在、彼氏はいるのか?』という事なのではないでしょうか?

Aマッソ加納愛子さんは一体どんな人物なんでしょう・・・

 

そこで今回は以下の事についてまとめてみました!

・Aマッソ加納愛子の出身中学・高校・大学や経歴は?

・Aマッソ加納愛子の家族構成や彼氏について

それではさっそく、本題に入っていきましょう。

Aマッソ加納愛子の出身中学・高校・大学や経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#Aマッソ加納

n@o(@codename_nm)がシェアした投稿 –

Aマッソ加納愛子の出身中学・高校・大学や経歴をまとめてみました!

まずは、プロフィールからみていきましょう。

名前:加納 愛子 (かのう あいこ)

生年月日:1989年2月21日

出身地:大阪市阿倍野句→住吉区

血液型:B型

身長:155cm

担当:ボケツッコミどちらも担当

出身中学については、学校名は公表されていませんが出身が大阪府住吉区なので、大阪市立住吉中学校に通っていたのではないかと思います。

出身高校についても、学校名が公表されていませんが、『頭のいい高校に通っていた』明言されています。

出身大学は、同志社大学(高偏差値)に入学しますが中退されています。

一体何があったのでしょう・・・

家の事情で、貧乏だったから親から辞めてと言われたからのようです。

何か複雑な気持ちになりますが、その分お笑いの道で活躍されているのは素晴らしいですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

てぃっ! . . #Aマッソ#Aマッソ加納#Aマッソ村上#加納愛子#村上愛

urara(@____950127)がシェアした投稿 –

お笑いの道に進んだのは、小学生から同級生である相方(村上愛)さんに、大学生の時に一緒にお笑いをやろうと誘われたのがきっかけのようです。

Aマッソ加納愛子さんは、松竹芸能に所属されていましたがその後退社されました。

退社の理由は、松竹芸能タレントスクールには特待生として入学しました。

スクール内では『大物が来る』と噂もあったようです。

しかし、松竹芸能タレントスクールは上下関係が厳しく馴染めなかったのでしょう・・・

関西女子は色々と強い部分があるので、指導やルールを無視していたら、事務所から協調性がないとクビにされたようです。

芸能界は上下関係が厳しいイメージがあるので、続けるのは大変そうですよね。

スポンサーリンク

家族構成や彼氏も!

 

この投稿をInstagramで見る

 

カメラマンと愛子 . . #Aマッソ#Aマッソ加納#加納愛子

urara(@____950127)がシェアした投稿 –

家族構成や彼氏についてまとめてみました。

Aマッソ加納愛子さんの家族構成について調べてみましたが、詳しい情報はありませんでした。

分かり次第追記していきますね!

今後の活躍で、番組の企画にご両親と共演という事もあるかも知れませんね。

加納愛子さんは黒髪ショートで可愛いと話題なので、ご両親もきっと美男美女なのではないかと思います。

きっと、親子共演もありそうですね!

どんなご両親なのか楽しみです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#余韻と脚色 #お笑い #ケープロ #Aマッソ #ラランド #下北沢 #トーク

お笑いライブK-PRO(@kprolivephoto)がシェアした投稿 –

Aマッソ加納愛子さんは可愛いと人気なので、恋多き女性なのでしょうか・・・

ファンの中には、顔が好みだという方が多いようです!笑

モテモテなら彼氏もいるはずです。

彼氏について調べてみましたが、詳しい情報はありませんでした。

以前、番組の企画で他の芸人さんから告白をされた事があったみたいですが、『今はお笑いに集中したい』とあっさり断ったようです。

そして、結婚願望も全くないようです。

モテモテなので焦る必要はないですね!笑

結婚は、人それぞれのタイミングがあるので・・・

スポンサーリンク

まとめ

今回は以下の事についてまとめてみしたが、いかがでしたか?

・Aマッソ加納愛子の出身中学・高校・大学や経歴は?

・Aマッソ加納愛子の家族構成や彼氏について

結婚願望のないサッパリした雰囲気のAマッソ加納愛子さん!

高偏差値の芸人さんが増えてきていますね!

ネタのクオリティも高くすごく面白いです。

Aマッソ加納愛子さんの、これからの活躍が楽しみです。

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。