芸能

周防正行監督の年齢や身長・体重や性格は?妻との馴れ初めや子供は?

こんにちは、ゆきりんです!

 

みなさんは『Shall we ダンス?』と言う日本映画を知っていますか?

Shall we ダンス?は有名な映画ですよね。

周防正行監督が手掛ける作品なんです。

周防正行監督の最新作映画『カツベン』も気になりますね。

夢見る一人の青年を主人公にアクションあり、笑いあり、涙ありのエンタテインメントのようです。

そんな個性的な作品を手掛ける周防正行監督は、一体どんな人物なんでしょうか?

 

そこで今回は『周防正行監督の年齢や身長・体重や性格は?妻との馴れ初めや子供は?』と題しまして、周防正行監督の年齢や身長・体重や性格は?妻との馴れ初めや子供はいるのかについてまとめてみましたので、みなさんのご参考になればと思います。

それではさっそく、本題に入っていきましょう!

周防正行監督の年齢や身長・体重や性格について調査!

周防正行監督は見た目は凄く優しそうな雰囲気がありますよね。

監督と言う立場にいる方なのでメリハリがある感じもします・・・

どんな人物なのか調査していきましょう。

[プロフィール]

名前:周防正行

生年月日:1956年10月29日 (63歳)

出身地:東京都目黒区

職業:脚本家・映画監督

血液型:A型

出身中学・高校:武蔵工業大学附属中学・高等学校

大学:立教大学文学部仏文科

身長:173cm

体重:不明

年齢が63歳のようですが見えないです。全然、若い!!!!

映画作品で若い方と接したり、常に頭をつかう仕事影響で中身から若いんでしょうね・・・

 

体重についての情報は分かりませんでした。

詳しい情報が入り次第追記します。

性格はどうなんでしょう・・・

映画監督という事もありプロ意識が強く持っている方です。

やるからには完璧にやり遂げたいという譲れない頑固さを持っていると思います。

このくらいの覚悟・頑固さがないと最高の作品が作れないと思いますね。

 

周りに対しては穏やかな気持ちや癒しタイプみたいですね。周防正行監督は癒しオーラが漂っていますよね!

周りの信頼度も高そう!ON・OFFがしっかりされている方で魅力的です。

 

周防正行監督の妻との馴れ初めや子供について調査!

魅力たっぷりの周防正行監督の妻はどんな人?子供はいるの?

周防正行監督の妻は、草刈民代さん

元バレリーナの経験を持ちながら大女優として活躍されています。

ドラマやバラエティ番組にも出演する事があり、幅広く活躍し話題になっていますね。

草刈民代さんはクールな印象が強いですが、お茶目な一面もあり可愛らしい女優さんです。

 

周防正行監督との出会いは、1996年に公開された映画『Shall we ダンス?』のようです。

草刈民代さんは主演を務め、周防正行監督は脚本・監督・原案を務めていたようです。

撮影が始まり、プロモーションする為に二人は一緒にいる時間も長くなり毎日電話をする関係になったようです。

 

好意を持ったのは周防正行監督からみたい・・・草刈民代さんの様な美人さんを放っておく訳がない!

そして、1996年3月9日に結婚しました。

お互いに必要な存在だったから結婚した』とコメントしていたようです。

夫婦仲がよく芸能界ではおしどり夫婦と言われるほどに・・・

 

私生活では草刈民代さんのサポートがあるからこそ、最新作映画などに力を入れられるのではないかと思います。

草刈民代さんは整頓や料理が苦手のようです。意外な一面ですよね。

苦手分野をフォローし合える仲って本当に素敵です。

周防正行監督と草刈民代さんは理想的は夫婦。

子供がいるのか気になりますよね・・・

子供について調べたら、子供はいないようです。

子供がいない理由は?

草刈民代さんの本業はバレリーナです。結婚後もバレリーナとして活動し2009年に現役引退しました。

とにかく踊る事が大好きで子供を産んでしまえば踊る事ができなくなると考え、出産を諦めたようです。

ダンス愛が半端なく強い、人生かけてやっているのはすごいですね!

周防正行監督はやりたいと思った事は、やり抜く!を大事にしているようで草刈民代さんの気持ちを尊重したのではないでしょうか!

まとめ

今回は『周防正行監督の年齢や身長・体重や性格は?妻との馴れ初めや子供は?』と題しまして、周防正行監督の年齢や身長・体重や性格は?妻との馴れ初めや子供はいるのかについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

周防正行監督の人柄は芯があり、相手を尊重してくれる優しい方なのが分かりました。

草刈民代さんとおしどり夫婦としてこれからも幸せに・・・

周防正行監督の最新作のカツベンも楽しみしています。

 

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。