情報

東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!Uターン帰省ラッシュ

こんにちは、ゆきりんです!

 

今年もあと少しですね・・・

年末年始の予定は立てていますか?

年末年始は自宅でテレビを見ながらゆっくり過ごす方、一方で実家に帰ってゆっくり過ごす方や旅行など出かける方が多いと思います。

私は実家に帰ってテレビ見ながらゴロゴロして、こたつに入りみかんを食べて過ごすのが大好きです!笑

帰省する時、高速バスや新幹線や飛行機など利用する方が多いので年末年始は大混雑しますよね・・・

楽しみにしていた帰省や旅行を移動で台無しにしたくないですよね。

出来ればスムーズに混雑を避け目的地まで辿り着きたい・・・みなさんもそう思うのではないでしょうか?

 

そこで今回は『東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!Uターン帰省ラッシュ』と題しまして、東北新幹線年末年始2019-2020の混雑予想と、Uターン帰省ラッシュについてまとめてみましたので、みなさんのご参考になればと思います。

それではさっそく、本題に入っていきましょう!

東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想について調査!

年末年始は大型連休を取り出かける方が多いですよね。

出かける手段として、新幹線や飛行機や高速バスを使うと思います。年末年始は一気に集中するため大混雑が予想されます。

お盆やゴールデンウィークより年末年始に帰省される方が多いようです。

年末年始のニュースで見る混雑状況は本当にパニック状態です。

[2019年]

12月28日(土)   「仕事納め

12月29日(日) 「混雑ピーク

12月30日(月) 「混雑ピーク

12月31日(火)

2019年年末の混雑が予想されるのは仕事納めの2019年12月28日(土)からではないかと思います。

年末混雑ピークは29日、30日になるかと思います。

 

[2020年]

1月1日(元旦)

1月2日(木)

1月3日(金) 「混雑ピーク

1月4日(土) 「混雑ピーク

1月5日(日)

2020年年始の混雑が予想されるのは2020年1月3日(金)からではないかと思います。

帰省や旅行から帰り、家でゆっくりしたい方が多いようで余裕を持って帰ってくる日が3日、4日に重なるのではないかと思います。

カレンダーを見ると2019年〜2020年の休みは最大9連休。

9連休あったらゆっくり過ごせますね!

毎年の新幹線乗車率は120%〜150%のようです。大・大・大混雑間違いなし!!!

新幹線では座る事ができない状態で長時間立って移動になる事も考えておきましょう。

*早めのチケット予約をして指定席を確保することをおすすめします。

東北新幹線年末年始2019-2020のUターン帰省ラッシュを調査!

年末年始に出かける時避けて通れないのが『Uターンラッシュと帰省ラッシュ』です。

 

2018年新幹線年末年始の混雑状況でおさらいしていきましょう。

JR北海道(北海道新幹線)

下りピーク12月29日  上りピーク1月3日

*ピーク時も比較的余裕があるようです。

JR東日本(東北・北陸・上越・秋田新幹線)

下りピーク12月29日  上りピーク1月3日

*北陸・上越新幹線は、下りピークの時間をずらせば予約ができるようです。

上りピークは満席。

*東北・秋田新幹線は、下りピーク29日、30日。上りピーク1月3日は激しく混雑。

 

JR東海(東海道新幹線)

下りピーク12月29日  上りピーク1月3日

*下りピーク29日は、博多まで満席。新大阪までは夜遅い便だと予約が可能です。

30日も夜遅い便だと予約が可能です。

1月3日は早朝の便・グリーン車一部予約可能です。

 

JR西日本(山陽新幹線・北陸新幹線)

下りピーク12月29日  上りピーク1月3日

*ピーク時の山陽新幹線(新大阪〜博多間)は混雑。

JR九州(九州新幹線)

下りピーク12月29日  上りピーク1月3日

*ピーク時でも時間によっては予約可能です。

見比べると、帰省ラッシュは12月29日。Uターンラッシュは1月3日という事が分かります。

ピーク時でも時間帯を工夫すれば予約が可能の場合があります。

比較的、夜の便の方が空きがあるようですね!

東北新幹線年末年始2019-2020年のUターンラッシュや帰省ラッシュも同じ傾向にあるのではないでしょうか!

まとめ

今回は『東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!Uターン帰省ラッシュ』と題しまして、東北新幹線年末年始2019-2020の混雑予想と、Uターン帰省ラッシュについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

年末年始の混雑は避けて通れません。出来るだけ快適に移動したいですよね・・・

混雑ピークでも時間帯を工夫すれば快適に移動できるかも知れません。

日中より夜の便が予約や移動がスムーズかも・・・

2019-2020年大型連休を快適に楽しみましょう。

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。